機能性や着け心地はどっちが優れている?アーブラとナイトブラを比較

MENU

機能性や着け心地はどっちが優れている?アーブラとナイトブラを比較

アーブラはノンワイヤーで締め付けがないうえ、バストメイクもしっかりできると評判のブラです。
昼用のブラとして認識している人が多いですが、ナイトブラとしても使用できます。

 

しかし、ナイトブラは昼用のブラとは基本的に構造が違うので、
アーブラがナイトブラとして本当に機能するのか気になっていました。

 

そこで、普段使っているナイトブラと比較するために、
アーブラを購入してみることにしました。

 

アーブラを着用した感想としては、着け心地が楽なことが一番にあげられます。
ナイトブラも、昼用のブラと比べて着け心地は楽ですが、
アーブラはより締め付け感が少なく、フリーダムな気分で就寝できます。

 

それなのに、ワキから寄せた肉が寝返りなどでサイドに流れることもなく、
朝までしっかりバストをホールドできていたのには驚きました。

 

アーブラは背中やワキ肉をしっかり寄せてホールドするサイドアップベルト、
プッシュアップ効果のあるリフト編み、バストを中心に寄せるギャザー三角など、
様々な機能でナイトブラの機能を十分に果たしています。

 

そして、アーブラは伸縮性が高く、一般的なナイトブラよりも着脱がしやすいと感じました。

 

ナイトブラはサポート力を強化するために着圧が高いものが多く、
着脱する時に苦労するものもあります。
また、脱いだらブラの跡が肌についてなかなか消えないこともあります。

 

アーブラは簡単に着脱できるうえに、肌にブラの跡がつかないのも嬉しいです。
あと、生地も薄いので蒸れにくく、快適に眠りにつけるところも優れています。

 

分厚い生地のナイトブラは朝起きたら背中にべっとり汗をかき、
夏は汗疹ができることもありますが、アーブラはそんな心配はいりません。

 

そのほか、ナイトブラと比較して良かったところは、耐久性が高いことです。
ナイトブラの中には、洗濯するたびに生地が伸びたり、
形が崩れたりしてしまうものがありますが、アーブラは洗濯機で普通に洗濯しても伸びず、
最初の形状を保ち続けています。

 

もう何回洗濯したのか覚えていませんが、買った時の機能性や形状をキープしたままです。
なので、耐久性のないナイトブラを何回も買い替えるよりも、コストパフォーマンスに優れています。

 

公式ホームページでは、100回洗っても型崩れしないと謳っています。

 

あと、アーブラはAカップからGカップまで対応できるので、
育乳効果でバストサイズが上がっても、買い替える必要がないのも経済的です。

 

ただし、アーブラは生地が薄いので強固な着用感を重視する人には物足りないかもしれません。
一人暮らしならアーブラ1枚で部屋着としても過ごせますが、
パッドがついていないので家族と住んでいる場合はパッドをつけた方がよいでしょう。

 

私は、着け心地が良いので昼用のブラとしても愛用するようになり、
ブラの圧迫から逃れストレスなく過ごせるようになりました。
昼はジェルタイプのパッドを入れて使い、夜はパッドなしで使っています。

アーブラを安く通販しているサイトの紹介