';?> アーブラ一番のデメリット

アーブラ一番のデメリット

MENU

アーブラ一番のデメリット

ブラは女性のバストを直接包み込んでくれる大切な下着です。
ブラの質によってバストへの負担も異なりますので自分のバストに合ったものを選ぶべきなのです。
サイズが合わないものだと締め付けや食い込みでお肌が痛くなったり痒みを感じるなどの弊害がでます。
バストの形が崩れるなどの可能背も出てくるので注意が必要です。

 

ブラの重要さはテレビや雑誌などでも特集されるようになりましたから、ほとんどの女性がブラへのこだわりを持つようになりました。
けれどもサイズが合うブラをいちいち購入していると出費もかさみますし大変です。

 

アーブラならば日々変わるバストの形や大きさにも対応してくれるので便利ですよ。

 

最上級と呼べる着け心地を持つアーブラは、バストへのフィット感がありながらも無駄な締め付けは全く感じられないので、多くの女性に人気となっています。
さらにワキや背中に流れた脂肪も寄せ集めてサイズアップしてくれますし、リフトアップ効果も期待できるブラなのです。
激しい運動でもズレることがありませんので快適に着けていられます。

 

しんなアーブラでも数少ないデメリットがあり、その一つがパッドがついていないという点でしょう。
薄い生地なので着けている感じがしないのがアーブラの魅力でもありますが、そのためパッドも付いていません。
けれども独自の編み方によってパッド無しでもしっかりバストの形をキープできますので機能性には何ら問題がありません。

 

パッド無しで薄すぎるとも言えますので透けが気になりますが、ジェルパッド付きセットを利用することで夏場も快適にアーブラを装着できますよ。

 

 

女性のシンボル、母性の象徴ともいえるバストをしっかり支えてくれて、それでいてこれまでのブラの悩みを解決してくれた商品ですので、非常に重宝する商品であると口コミでも評判です。

 

ブラは、選び方を間違えると大変なことになってしまいます。
サイズがちょっとあわないだけでずれてしまったり、締め付けられてしまったり。
ずれてしまえば、ブラをしている意味をなさないのと同時に、バストの形が崩れてしまうことになってしまいます。

 

また、締め付けがひどくなると、シルエットがボンレスハムよろしくボコボコになるだけでなく、皮膚が炎症を起こしたり痒くなったりして、つけてないほうがまだよかったといういうな弊害が出てきます。

 

そんな悩みを一気に解決してくれるのがアーブラです。
独自の編み上げた素材が、バストをしっかり包み込んで支えてくれるので、ずれたり締め付けたりということが一切ありません。

 

しかも、いつもいつもバストにフィットして支えてくれるので、形がよくなるだけでなく少しずつバストアップ効果を実感できるようになります。
背中のお肉がはみ出ることもありませんから、シルエットもとても美しく保てます。

 

ただ、そんなアーブラにもデメリットが1点だけあります。
それは、生地が非常に薄手であるという事。
薄い生地は、洗濯したらすぐに乾くので重宝と言えば重宝です。
でも、昨今の既製品のブラは生地が厚手で、必ずパットが入ってますよね。
それに慣れていると、このアーブラの薄い生地に慣れるのに時間がかかるかもしれません。

 

あまりにも薄くて不安だと言う場合には、ジェルパット付きのアーブラがありますので、そちらを試してみることをオススメします。

 

 

ヤーマンのノンワイヤーブラ・アーブラを実際に使ってみて感じたデメリット

以前はワイヤー入りのブラジャーをつけていたのですが、太っていることや胸が大きいことなどからワイヤー部分の締め付けが痛いと感じたり、実際に皮膚に食い込むことが多かったことが悩みの種でした。そんな時に友人からヤーマンのノンワイヤーブラジャーの存在を教えてもらったことが購入するきっかけで、それからしばらく悩んだ末にワイヤーがなくてもしっかり胸を支えることができるという点に期待して半年ほど前にアーブラを購入しました。見た感じはまるでスポーツブラのような感じで、ワイヤーだけではなくフック部分もなかったので本当に支えられるのかどうか心配になったのを覚えています。

 

実際に身につけてみると本当に胸元が楽で、締め付けられる感じや食い込む感じがなかったので肌着のように気軽に身につけられるところが良かったです。ほかにもメリットに感じる部分が多かった半面、デメリットとして気になる部分もいくつかありました。まずデメリットとして一番目についたのが、シンプル過ぎるデザインですよね。レースも何もない本当にスポーツブラのようなシンプルなデザインなので、仕事やプライベートで気軽に身につける分には気になりませんでした。ただこれをデートなどで身につけるというのはさすがに気が引けましたし、まるで中高年の女性が身につけるようなデザインになっているところは微妙だと思います。

 

ただデザインに関してはほかのアーブラでレースがついているものもあるようなので、もう少しおしゃれなものを身につけたい場合はそちらを購入してみるというのもありだと感じました。私の場合はあまりレースがついているものは好きではなかったので購入しませんでしたが、できればレース部分以外にもデザインに気を使ってほしいなと思いましたね。このためアーブラを身につける場面は少し考えた方がいいと思いましたし、胸元が空いた服を着てしまうとアーブラが見えてしまうところもデメリットのように感じました。実際に身につけてみると分かるのですが、アーブラの形は胸元がU字型になっています。

 

このため普通の服であればきちんと見えないようにできるものの、胸元が空いている服を着てしまうとU字部分がはみ出してしまうのです。特に外出しない時は気にならないですし、普段着でもアーブラのデザイン自体がシンプルなので見えてしまっても私はそこまで気になりませんでした。けれども胸元が空いている服がおしゃれなものだとアーブラが見えてしまうことでおしゃれではなくなってしまうので、身につける服のスタイルにも注意しなければいけないところは少し面倒くさいなと思いましたね。ほかにもデメリットに感じた部分としては、パッドがついていないところです。

 

普通のブラジャーであればパッドがなくてもそこまで気にしないのですが、アーブラはシンプルなデザインかつ素材がちょっと薄いように感じます。その結果乳首が透けてしまうことになってしまって恥ずかしいですし、些細な部分ではありますがデメリットだと思います。

ヤーマンアーブラを実際に使ってみて分かったメリット

ヤーマンアーブラは、出産後から使用しています。授乳をしていると、胸が大きくなったり小さくなったりします。ワイヤーがついているブラジャーは締め付きがあり、乳腺炎になってしまい毎日胸の痛みと向き合っていました。しかし、ヤーマンアーブラを使うようになってからは、胸の痛みもありません。ヤーマンアーブラを実際に使ってみてよかったメリットを紹介します。生理前に胸が張って悩んでいる方や、出産後合うブラジャーがなく悩んでいる方も参考にしてみて下さい。

 

ヤーマンアーブラの最大のメリットは、伸縮性が優れているところです。バストのサイズが変わっても、縦横に伸びるので着用することが出来ます。私は、Mサイズを購入しました。バストのサイズは70〜90センチまで対応可能だったので、母乳中胸が張っても全く痛くなりませんでした。

 

2つ目のメリットは、ノンワイヤー、ノンフックなので、洋服を着たときに洋服の下から透けて見えることがありません。気軽に薄い白の洋服も着ることが出来ます。しかし、ヤーマンアーブラは、カップがついていないので、薄手の洋服を着るときは、市販で売っているパッドを購入しつけることをお勧めします。

 

 

3つ目のメリットは、洗濯を何回しても型崩れしません。ワイヤーのブラジャーは、ワイヤーがついているため洗濯機に入れる時も、ネットなどに入れたり、手洗いをしないとワイヤーが曲がってしまい、型崩れになってしまいます。ワイヤーが入っていないので、型崩れの心配する必要もありません。

 

 

4つ目のメリットは、通気性が良いので、夏の暑い日でも蒸れて被れたり、胸元にニキビが出来る心配もありません。私は、汗をすごくかくタイプです。毎年、胸元が蒸れてしまいニキビが出来ていました。ボリークリをつけていましたが、ヤーマンアーブラに変えてからは胸元の悩みもなくなりました。

 

 

5つ目のメリットは、胸元が綺麗に見え、胸のたるみを解消してくれます。ヤーマンアーブラは、ストレッチ素材なため、背中のお肉を前に持ってきてたるみを防げます。また、引き締めの効果があるため、私は母乳を止めてからも胸がたるむこともありませんでした。女性にとって、素敵な体でいることは永遠のテーマだと思うので、ヤーマンアーブラを着けて本当に良かったです。

 

 

6つ目のメリットは、締め付けがなくなり体の冷えが解消されたことです。私は、血行が悪いので、冬の寒いとき体が冷えてしまい悩んでいました。そして、ワイヤーのブラジャーをつけることで、さらに締めつけられ、体が冷え切っていました。しかし、ヤーマンアーブラをつけてからは、少しずつ血行が良くなり、体の冷えが解消されました。胸の締め付けがなくなることで、こんなにも体の状態が違うと、早くからヤーマンアーブを買っておけば良かったと感じています。

 

ヤーマンアーブラは、伸縮性が優れているため胸の痛みに悩む方に優れたブラです。私は、愛用歴5年になりますが、ヤーマンアーブラはなくてはならない存在です。買って正解でした。

アーブラを安く通販しているサイトの紹介