アーブラとジニエブラの比較

MENU

アーブラとジニエブラの比較

着け心地の良いブラを買いたいと思うのは女性として当然ですし、どんなサイズや形にも対応してくれる魔法のようなブラと出会いたいのは当然でしょう。
着け心地の悪いブラだと不快感を感じてテンションも下がりますし、だからといって毎回様々なサイズや形のブラを購入したり選ぶのは精神的にも金銭的にも大変です。

 

アーブラは女性の下着に関する悩みをほぼ解消してくれる魅力的なブラです。
そんなブラあるわけないと思っている方、ぜひアーブラを試してみましょう。

 

アーブラを着用してみるとわかりますが、締め付け感がないので心地よく着けていることができます。
寄せ集めてアップする構造になっていますので自然な形でバストアップできますし、シルエットも綺麗になります。

 

アーブラ同様の使い心地・着け心地を実現しているブラもあります。
ジニエブラです。
近年人気急上昇中ですので名前を聞いたことがある女性も少なくないでしょう。
ジニエブラはアーブラとほぼ変わらない特徴を持ちながらもとてもお安く購入できます。
アーブラは4300円ですがジニエブラは2980円なのでとてもお得です。

 

けれどもやはり値段の差はあります。
特徴がさほど変わりませんが素材が異なるので着け心地は大きく異なると言われています。
機能性だけでなく最上級の着け心地を感じたいならばやはりアーブラの方がオススメです。

 

安さも気になるところですが大事な体の部位である胸に関する下着ですから、アーブラを選ぶ基準をしっかり考えましょう。

アーブラとジニエブラの違いについて知ろう

ブラジャーは美しいバストラインを作るのに欠かせない大切な下着となっていますが、
つけていてムレる、苦しい、ワイヤーが痛いなどの悩みを抱えている人は少なくありません。

 

そこで最近はジニエブラやアーブラのように
楽に着用できながらバストをきれいに整えてくれるブラジャーの人気が高まっています。

 

アーブラとジニエブラはどちらもノンワイヤーで肩紐部分が幅広で快適に着用できることで人気となっています。
いざ選ぶとなるとどちらを選ぶべきかも迷ってしまいますが、
良いものを選ぶためにも、まずはそれぞれの違いをよく理解しておきましょう。

 

 

まず、アーブラは特殊な立体編みで作られておりつなぎ目のない1枚の布でできており、
伸縮性に優れ様々な体型にフィットできるようになっています。

 

サイズ選びも簡単で洋服のサイズを選ぶだけです。
ワイヤー、タグ、金具なしで快適に着用でき、洗濯機で使っても型崩れしにくくなっています。

 

バストをきれいに整えながら、気になるワキ肉、背中の肉もすっきりさせてくれます。
集中ギャザー三角はバストを寄せ集めきれいに整えるのに役立ちます。

 

シンプルなタイプはもちろん、胸元にレースがついてかがんだときも胸元が見えにくいものもあります。

 

 

ジニエブラもノンワイヤーでタグ、金具がついておらず快適に着用できると話題の商品です。
上質な素材が使われ特別な立体編みで様々なタイプのバストに対応できる商品です。

 

ワキ肉や背中の肉もすっきりさせ、きれいなバストラインに整えてくれます。

 

通常タイプも快適な着用ができますが、ジニエブラエアーというタイプも登場し、
さらに通気性や透湿性がアップし、長時間もより快適に着用できるようになりました。

 

 

 

ある女性が、「ブラジャーにも相性ってのがあるのよね…」なんてもらしていましたが、まさにその通りだと思います。
きっと、女性のみなさんなら誰でも共感できるはずです。

 

そうそう着け心地の良いブラや、自分のバストにぴったりとフィットしてくれるブラに出会うことはありません。
なんとなくサイズがあってなかったり、ずれていたりという事は日常茶飯事なのです。

 

胸の形や大きさが時間とともに変化して定まらないという性質があるものですから、いつもどんなときも胸をしっかり支えるブラなど諦めている人は多いと思います。
でも、そんなブラに悩める女性のために開発されたブラがあるんです。
それが、アーブラと言う商品とジニエブラという商品です。

 

アーブラもジニエブラも同じような効果を持っているんですね。
どんどん変化するバストにしっかりフィットして支えてくれるだけでなく、バストアップの効果もあって、胸の形を整えてくれるんですね。
他にも、背中のお肉がはみ出ることなく、美しいシルエットを演出してくれます。

 

「どっちも同じなら、安いほうがいいわね!」なんて声が聞こえてきそうです。
価格は、アーブラが4300円でジニエブラの方は2980円です。
だから、ジニエブラを試してみようと言う人が多いかもしれませんが、この値段の差にはちゃんとした理由があります。

 

それは、着け心地です。
この2つのブラのそれは実際につけて見ると分かるんですが、まったく違った感覚です。
アーブラは、素材と着け心地にこだわりぬき、特殊な編み上げで長時間装着しても負担にならず、またバストをしっかり支え続けることを実現しています。

 

価格が安い方がいいのか、素材へのこだわりが実現した着け心地の良い方がいいのか、各々で違ってくるのは当然でしょう。
しかしながら、大事なバストに直接つける下着であることを考えると、着け心地を優先にした方がいいように思います。

 

似ているようで異なるアーブラとジニエブラの違いについて

ナイトブラやノンワイヤーブラを購入する場合、選択肢としてあがるものと言えば、アーブラとジニエブラではないでしょうか。どちらもワイヤーがないので締め付け感がなく楽なことは間違いありませんが、使用感は大きく異なるので注意が必要です。特筆すべき違いは、やはり着心地です。

 

どちらのブラもナイロンとポリウレタンから出来ており、一見すると同じように感じますが、アーブラの方がかなり薄手となります。洗濯時には、すぐ乾きますし、夏場など暑い場合には、とても助かりますが、市販のナイトブラに比べてもかなり生地が薄いので、私は慣れるまで物足りないと感じました。一方、ジニエブラの方は、アーブラに比べると、それなりに厚みがあります。市販のナイトブラに近いタイプなので違和感なく付けられるものの、猛暑で寝苦しい場合などは暑いです。特に、アーブラに慣れた後だと、夏場のジニエブラは暑く感じてしまいました。

 

素材の伸縮性はどちらもありますが、生地が薄い分、アーブラの方が柔らかく、ジニエブラの方がホールド感があります。楽なものが欲しい、バストが大きい、胸回りにお肉が付いているという場合にはアーブラ、胸が小さめ、脇から寄せるホールド感が欲しい、バストメイクもしたいという場合にはジニエブラがおすすめです。また、アーブラとジニエブラの大きな違いと言えば、パッドです。ジニエブラにはパッドが付いていますが、アーブラにはパッドが付いていません。ブラの色にもよりますが、アーブラだと乳首や胸の輪郭などはほぼ透けてしまいます。ナイトブラとしてのみ利用する場合には良いですが、ちょっとした買物やスポーツの際にもブラを利用したいといった場合には、注意が必要です。

 

尚、自分で持っているパッドを利用するか、パッドを購入すれば、アーブラでもパッドありのブラとして使えます。しかし、パッドを入れるポケットがないので、胸にパッドを当てブラで固定する形になります。また、アーブラは生地が薄いので厚いパッドを使えば、パッドの部分だけ無駄に膨らんでしまうのも難点と言えます。パッドなしで利用するなら、開放感があり、楽な付け心地のアーブラに軍配が上がりますが、パッドが必要なら、アーブラでパッドを利用するよりもジニエブラを利用した方が簡単です。

 

最後に、多くはありませんが実店舗があり試着可能なのがジニエブラ、値段が手頃なのがアーブラです。店舗によって扱っている商品に偏りがあることも多いものの、ジニエブラは取扱店舗があるので、足を運ぶことが出来れば、購入前にサイズ合わせや着心地を確認することが出来ます。ネット通販も行っているので、店舗が近くになくても問題はありませんが、下着は試着してからでないと購入しないといった人にはジニエブラの方が利用しやすいかもしれません。

 

一方、アーブラは、ネット通販となるので購入前の試着は出来ませんが、サイズ交換などに対応してくれる場合もありますし、対応は悪くないので利用に困ることはないと思います。それに、何と言っても価格が手頃です。キャンペーンを行っている場合や、セット販売でお得な金額になっていることも少なくありません。ジニエブラ2枚の値段でアーブラが3枚購入出来るといったことも珍しくないので、試しに利用するには手を出しやすい価格と言えるのではないでしょうか。似ているようで意外と似ていないアーブラとジニエブラ。どちらにも良さがあるので、好みに近い方を選ぶことがおすすめです。

アーブラとジニエブラを比較してわかった使い心地の良さ。

アーブラとジニエブラの商品の比較をご紹介します。私は、2つ購入しました。アーブラは、出産後に使用し、子供の卒乳を機にジニエブラとアーブラを交互に使用しています。どちらも優れたブラジャーですが、少し違いがあるので悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

 

アーブラとジニエブラの違いは、素材と補正力です。アーブラは、ストレッチ素材なので背中のお肉もしっかりブラジャーに入り、一人一人の体型にフィットします。使用してみて、胸のたるみもカバーでききました。しかし、カップが付いていないので、出かけるときには市販で売っているパッドをつけることをお勧めします。ジニエブラは、厚い生地ではありますが、ナイトブラのようにゆったり出来る作りになっています。生地も厚く、カップも付いていますが、外出に使用するというよりは、家でくつろいでいる時や夜寝る時の使用のほうがゆっくり過ごせます。

 

出産した方はアーブラの方がつけやすいと思います。私は、普通のワイヤーがあるブラジャーを使用していた時、乳腺炎になる手前でした。しかし、アーブラをつけてからは、乳腺炎になることも一度もありませんでした。アーブラは、伸縮性が優れているので、母乳した後胸が少し大きなっても小さくなっても縦横に伸びるので胸の大きさにフィットしてくれます。

 

また夜も快適に寝ることが出来ます。母乳を卒乳してからは、ジニエブラとアーブラを交互に使用しました。これも正解でした。母乳をあげると、筋肉が弱まり、たるみが出てしまいます。アーブラをつけていたおかげでたるみは解消されました。家にいる時や夜寝る時は、ジニエブラを使っています。締め付けが全くないので、ブラジャーをつけている感覚はありません。個人差があると感じます。ジニエブラも体にフィットする作りなので、ナイトブラでは使用出来ないと感じる方もいるでしょう。

 

インターネットで注文して、返品可能な商品もあるので、一度試着してから交換されてもいいと思います。

 

個人的には、アーブラの方がつけやすいと感じます。ストレッチ素材なので、縦横斜めと伸び縮みします。体型が変わったとしても、体にフィットしてくれるので、着けやすく感じました。出産直後は、太っていて背中のお肉もついていました。アーブラを使用して、背中のお肉を前に持ってきてバストアップさせたりしていました。出産から1年たち、ようやく出産前の体重に落ち着きましたが、今も同じアーブラを使用しています。

 

以上アーブラとジニエブラの違いです。特徴は全く違うので、使い方を分けて使用することをお勧めします。普段の私生活だけではなく、夜のナイトブラとしても使用出来ます。アーブラとジニエブラは、生地がしっかりしているので、ワイヤーがなくても全く胸がたるみません。ぜひ胸のたるみで悩んでいる方や、母乳の胸の痛みに悩んでいる方は一度検索し、見てみることをお勧めします。胸の悩みから解消され、私生活も充実した時間を過ごすことが出来ます。アーブラとジニエブラは、どちらも快適で素晴らしい商品です。

アーブラを安く通販しているサイトの紹介